HOME>オススメ情報>見た目の美しさと使い勝手の良さを備えているのが特徴

自分の歯と同じように噛むことができる

治療器具と歯型

インプラントとは何らかの理由で歯を失ったときに、顎の骨(歯槽骨)に埋め込む人工歯根のことです。足立区でも無くなった歯を保険診療内で補おうとすると、ブリッジか入れ歯のどちらかしか選択肢がありません。ただしブリッジは失った歯の両隣に歯がないとできず、尚且つ健康な歯をかなり削る必要が出てきます。入れ歯は柔らかい歯茎の上に固いプラスチックが乗るため、傷ができたり上手く噛めないといった状態になることが多々あります。その点インプラントは単独で人工の根っこを埋め込み、その上に土台を作って冠(クラウン)を被せることができます。入れ歯も複数のインプラントを埋め込むことによって、歯茎に優しい入れ歯を作ることが可能です。どちらも歯を失う前と同じように噛めるというところが、インプラントの最大の魅力であり注目を集めている理由となっています。

入れ歯のバネが見えるのが嫌な人におすすめ

歯科イメージ

足立区でインプラントを希望する人に多い理由として、入れ歯のバネが見えないようにしたいという意見が多数寄せられています。入れ歯はある程度の大きさになると、最低でも3か所にバネをかけないと安定させることができません。しかしインプラントを埋め込めばマグネット式の入れ歯にしたり、バネの要らないノンクラスプデンチャーにすることが可能です。保険の入れ歯のような厚みが出ることもないため、審美的な美しさだけでなく使い勝手の良い入れ歯に仕上がります。

歯を削りたくない人に最適

歯科イメージ

歯を失っても入れ歯にする必要がない場合は、固定制のブリッジにすることができます。しかし支えとなる両隣の歯が健全歯でも、ブリッジにするためには健康な部分を削らなくてはなりません。仮に虫歯があったりすでに治療されたりしている歯であっても、ブリッジは失った歯の負担を他の歯に強いることになります。そのため足立区の歯科医院では残っている歯に負担をかけないよう、インプラント治療を積極的にすすめています。また交通事故などで1本だけ歯を失った時も、インプラントを埋め込むことで元の歯と同じ状態に回復させることが可能です。

広告募集中