目立ちにくい種類がある

歯医者

矯正歯科が用意している方法にはいくつかの種類があり、最も定番なのは銀色のワイヤーを歯の外側に固定するものです。ただそれだと口が開いた時に人に見られやすく、金属感が丸出しなので、決して良い印象を与える見た目とは言えません。子どもだと周囲からからかわれやすく、身だしなみに気を使わなければならない大人だと社会生活に支障を来します。そんな弱点を克服できるのが透明なマウスピースで、装着してもありのままの歯が透けて見える状態になります。その透明度は近くで確認しないとわからないほどなので、自ら矯正していることを打ち明けない限り、気付かれないかもしれません。またそれとは別に、定番のワイヤータイプであっても、歯の裏側に装着できるものもあります。もともと歯は正面だけしか相手に見られることがないため、マウスピースと同じ程度で周囲への配慮が可能です。矯正歯科の中には定番のワイヤーだけしか取り扱っていないところもありますが、名古屋は大きな都市なので、他の方法を取り入れているところは数多くあります。ワイヤーだと見た目が悪く、それを長時間装着し続けなければならないので、中々矯正治療に踏み切ることができない人が大勢いるからです。

調整の頻度や完了までの期間で選ぶ

マウスピース

名古屋の矯正歯科では何らかの器具を装着することになりますが、2年から3年かけて、少しずつ歯を移動させていく点は共通しています。そして完了するまでには何回かの調整が必要で、ワイヤーだと定期的に矯正歯科まで足を運んで行ってもらいます。マウスピースの場合は最初から歯の移動をコントロールする流れが全て決まっていて、あらかじめ完了までの器具が数十個作られた状況になります。それを大体2週間から1ヵ月程度で新しく交換していく方式なので、確認するために矯正歯科に赴く程度で済みます。矯正歯科は基本的に自費診療となり、マウスピースも定番になりつつあるので、ワイヤーとそこまで費用はかかりません。器具を成型できる範囲に限界があるため、歪み過ぎた歯並びだとワイヤーの方が適していますが、そうでなければ積極的にマウスピースを選択すると良いでしょう。食事や日々のケアの際に、簡単に取り外すことができるのも大きなメリットです。またあごの骨に土台となる器具を埋め込んで、そこからより大きな力で引っ張ることで、完了までの期間を短くする方法もあります。より大掛かりな治療となり、費用も高くなりがちなので、予算と希望で相談しながら選びましょう。

広告募集中